2010年12月アーカイブ

今年の仕事納め。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

皆様こんにちは。

今日が今年の仕事納めになる光明池の司法書士木村です。

 

今年の9月に光明池駅前で司法書士事務所を開かせて頂き、はや4ヶ月。

「光明池駅前にも司法書士事務所ができたのか」、

と足を運んで下さった方々に感謝しつつ今年の仕事納めです。

 

泉北司法書士事務所の年末年始の休業日は

12月30日のお昼から来年の1月4日までとさせて頂きます。

1月5日からは通常通り、午前9:30からの営業となりますので、

来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

皆様、よい新年をお迎え下さい。

 

 

クリスマスに年賀状。

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆様こんばんは。

今日は少し雪が降った光明池で司法書士をしております木村です。

 

今日の土曜出勤では、年賀状を懸命に作成しておりました。

 

どうやら年賀状は25日までに投函すれば、元日での配達が確定するようです。

 

スピード重視の為、年賀状の宛名と裏の印刷は事務所のパソコンとプリンターを使用しましたが、

手差し印刷の為、上下反対に印刷してしまいました。

これは予想通りです。

その後、

「いや、待てよ。大阪市内なら25日以降でも大丈夫では?」

「きっとそうだ。そうに違いない。」

と自分自身に言い聞かせながら、黙々と作業を進めます。

その結果、どうにか間に合いました。

 

ふと気付けば、隣のケンタッキーにチキンを買いに来られた方が長蛇の列を作っています。

その列を見て、クリスマスには年賀状ではなく、チキンが正しい。

そう確信しました。

 

 

もうすぐ大晦日・お正月。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

皆さんこんにちは。

昨日の寝る前、「土曜日はブログの更新日にしよう!」と決意した光明池の司法書士木村です。

 

唐突ですが、ふと気づけは、もう12月18日。今年もあと2週間となってしまいました。

 

今年が終わる前にクリスマスという日がありますが、

この年齢になると、

子供の時のように枕元に大きい靴下を一足置き、翌朝目が覚めると、

その中には、なんと5色のペンが。

「ゲームソフトは?」と、危うく、親に抗議しそうになった。

などという出来事は起こりません。

 

あと2週間となった年末年始に向けて、ひとつ決めなくてはならない事があります。

それは、年末年始のお休みです。

昨年までは大阪市内の司法書士事務所に勤めさせて頂いていた為、

事務所の所長が決めた、年末年始の休日に

「もっと休みたいんですけど。」

「ここはひとつ、1月6日あたりを仕事始めにされたらどうですか。」

などという不平不満は一切申し上げず、淡々とお休みを頂いていました。

 

しかし、今年は自分で決める事ができるようです。

日々の激務?で疲れた体をリフレッシュする為、休みは長い方が良いかもしれません。

 

しかし、自宅には抵抗勢力がおります。

抵抗勢力の年末年始の休日を探りながら、決める事になりそうです。

初訴訟。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

皆さん、こんばんは。

近頃かなり寒くなってきた光明池で司法書士をしております木村です。

今日は事務所内でバタバタバタバタ動き回っておりました。

 

明日は、アコムとの裁判です。

考えてみると、泉北司法書士事務所を開設してから、初めて裁判所へ出廷します。

(理由は出廷前に和解する事が多いからです。)

  

2日前、そのアコムから、答弁書が送られてきました。

内容を見てみると、

 

「反論は追って主張します。なお、現在、対応を検討中の為、

次の裁判期日を来年2月中旬以降にして下さい。」

 

え??今、12月なんですけど。

 

こんばんは。泉北で司法書士をしております木村です。

 

先日、債務整理をご依頼頂いた方の件で、株式会社ヴァラモス(旧トライト株式会社)へ

過払いの返還を請求したところ、

あろう事か、「過払金額の5%しか返せない。裁判をするならご自由に。」と言われてしまいました。

ヴァラモスさん、消費税じゃないんだから。

 

相手側は、暗に「裁判で判決をもらい、預金を差し押さえても空振りですよ。」と言いたいのかもしれません。

しかし、利息を多く取り続け、いざ、返還を求められれば、返還の努力もしようとせず、

事務的に金額を提示し、後は知らないという無責任かつ不誠実な対応は許せません。

 

そこで、当事務所では、過払金を譲渡したいと考えております。

依頼者がお持ちの過払金を、ヴァラモスに借金が残っている方に購入して頂き、

購入して頂いた過払金で借金を相殺し残額を減らすという仕組みです。

こうする事で、過払金を持っている方は売却代金分の金額を回収した事になり、

過払金を買った方はその過払金額で借金を減額できます。

簡単な例を挙げますと、

  ①㈱ヴァラモスに対して、100万円の過払金を持っているAさん

  ②㈱ヴァラモスに対して、100万円の借金の返済が残っているBさん

  ③Aさんの過払金を70万円でBさんが買います。

  ④結果として、Aさんは70万円を回収し、Bさんは70万円で、

    100万円の借金を無くす事ができます。(実質的に30万円の減額)

 

このブログをご覧になられた方で、ヴァラモスに対して借金が残っている方、

また、その方の債務整理に関与されている同職の方がおられましたら、ぜひ当事務所までご連絡下さい。

ご協力宜しくお願い致します。

 

 

こんにちは。土曜日も出勤司法書士の 木村です。(光明池)

 

泉北司法書士事務所を開業した当初、土曜日もしっかり休みを頂いていたのですが、

今では出勤せずにはいられない状況になっております。(その理由は仕事量ではありません。)

 

ところが、土曜日というのは、アコム等の貸金業者も営業しておらず、

債務整理の和解等の電話は掛かってきません。

 

ですので、面談や新規のご相談等が無い日は困ります。

 

もちろん、電話が繋がらなくてもできる業務はあります。

電話が掛かってこないから、専門書を読んで自己研鑽も図れます。

週6日勤務の反動で少しダラっとしてしまいます。

 

などなど、苦悩した末、そうだ!ファイル整理をしよう!!と決め、少しだけファイル整理を頑張りました。

スペースを持て余す。

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんばんは。

光明池の司法書士 木村です。

 

最近、固い話題ばかりだったので、少し気を抜いたブログをひとつ。

 

泉北司法書士事務所はサンピアという商業施設に入らせて頂いているのですが、

この室内が割と広く、

以前は不動産会社が入っており、従業員の方が常時6、7人いたそうです。

そんな割と広い室内に私が1人。

そして、ふと感じます。

 

物凄い孤独感。

 

その為でしょうか。

電話が掛かってくると、「人と話せる!!」と言わんばかりに張り切って電話に出ます。

 

この孤独というものが大変困ったもので、日々の仕事に様々な支障をきたします。

例えば、貸金業者のずさんな電話対応にムカっときても、その怒りを誰にも伝えられません。

さらに、さらに・・・・・すみません、5分ほど考えましたが何も出てきませんでした。

税理士宮本先生。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

皆さん、こんばんは。

相変わらず風邪っぴきの、光明池の司法書士 木村です。

 

今日は光明池駅前で税理士事務所を開かれている

税理士宮本先生の事務所を訪問させて頂きました。

 

これから光明池で司法書士業をさせて頂くにあたり、

依頼者の方に、登記や法律の事だけではなく、税金など幅広い情報を提供させて頂く為にも、

ぜひ面識を持たせて下さいとお願いしたところ、快く応じて下さいました。

 

宮本先生は法人の税務関係を中心にご活躍されており、

多くの会社社長さんから信頼を得られている様子でした。

 

やはり、他士業の先生とお知り合いになれる事は大変心強いです。

宮本先生、今後とも宜しくお願い致します。

CIMG0691.JPG

皆さん、こんばんは。

最近、風邪ぎみで不調の、光明池の司法書士 木村です。

 

唐突な話ですが、私は先週末、岐阜で行われたクレジット・サラ金問題対策研修会に参加しました。

 

こういった研修会は、

いくつもの分科会(テーマ別に分かれたクラスのようなものです。)から、

関心のあるものを選択して、受講するというスタイルになっています。

 

私が参加した分科会のテーマは、

「これからの任意整理の課題と民事調停の活用」

 

司法書士による任意整理では、依頼者の方の取引を利息制限法の利率

によって再計算し、

利息が払い過ぎなら「過払い請求」、

借入れ残高が残るようなら「一括又は分割弁済の和解」

を行います。

 

借入残高が残る場合で分割返済の和解をする際には、

司法書士会の債務整理規定により、将来利息は支払わない旨が

挙げられています。

もちろん泉北司法書士事務所でも将来利息は支払わず元本だけを

返済する和解を締結させて頂いております。

 

しかし、ここ最近では、当初は将来利息カットに応じていたプロミスなど

大手の消費者金融でも、将来利息の支払を求めてくるようになったとの

噂を聞いており、相手方が和解に応じなければ、

民事調停が有効ではないかと考えての研修参加でした。

 

しかし、その研修で最も印象に残ったのは、

多重債務被害者の支援団体の代表者らしき方が言い放った

「弁護士や司法書士に債務整理を依頼する事は、

その報酬分の借金を増やすのと一緒だ。

だから債務整理は自分ですべきです。」

という一言。

 

司法書士による債務整理への世間の目はずいぶん冷たいようです。

土曜日も仕事。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

皆さんこんにちは。

光明池の司法書士木村です。

 

泉北司法書士事務所、実は土曜日も営業しております。

司法書士業界では、土、日、祝日を休む事務所が多いようで、

泉北司法書士事務所も、開業当初はその厳格な慣習を守るべく、

土日祝としっかり休みを頂いていました。

ところが、

いました。週休2日制に反対する人が。私の家に。

人生、灯台下暗しですね。

 

平日は仕事で忙しく、週末でないと時間を取れない方もおられるはず。

そう自分に言い聞かせながら土曜日の朝、家を出ます。

武富士の更生債権届出書。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

皆さんこんばんは。

光明池駅前でひっそりと働いている司法書士の木村です。

 

たまには司法書士業務について書かないと、誰かに怒られそうです。

 

先日、会社更生手続を開始した株式会社武富士から、

依頼者の方の更生債権届出書が送付されてきました。

でも届出書の色が依頼者の方によって違います。

ひとつは「白色」の届出書。もうひとつは「水色」の届出書。

おぉ、過払いになってる人は「白色」で、債務が残る人は「水色」なんですね。

 

これは大変分かりやすいです。

 

泉北司法書士事務所では、債務整理をご依頼頂くと、まず債権者(貸金業者等)に受任通知を送付します。

その受任通知には、「債務整理を受任した事」と、「利息制限法に引き直した取引履歴を開示してほしい」と記載しております。

しかし、司法書士の言うことなんて絶対聞いてやるものかと、利息制限法に引き直していない履歴送ってくる業者があります。例えば、レイクの新生フィナンシャル株式会社。

 

先日、この会社から取引履歴が送られてきたのですが、その中に債務の返済方法についての回答書なるものがつけられていました。

???回答書なんていつも入ってたかなと思いながらも、せっせと計算書を入力して引き直し。

ああ!借入れ残高が残ってしまいました。

そうか。

正当な利率で引き直しても、借入れ残高が残る事を事前に知った上で、

あえて引き直す前の取引履歴送ってきましたね?新生フィナンシャルさん?

光明池ぱちんこ祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、泉北司法書士事務所と同じく、サンピア本館に入られている

パチンコ店「H&J21」さんが主催する、ぱちんこ祭りに参加させて頂きました。

 

このお祭りは光明池地域の60歳以上の方を対象として、

無料でパチンコをしてもらったり、抽選会を行ったりと、

主に地域福祉を目的として行われたそうです。

今日参加された方の人数はなんと90人だとか。

 

私は60歳以上ではありませんが、この企画を担当された

光明池タウンニュースの記者の方と面識があり、当日飛び入りで

参加させて頂きました。

 

お祭り会場に行ってみると、和気あいあいとしたフインキで皆さん楽しそうでした。

なお、メインイベントは2時間ほど無料でパチンコをするというものだったのですが、

私は1時間ほど挑戦し、全く当たらず。

隣に座られていた記者の方は2回の大当たり。運の格差社会でしょうか。

 

とはいえ、このような催しをされる事は地域福祉の面でも、

宣伝の面でも非常に効果的だと感じました。

と、仕事もせずに、何をしているんだとお叱りを受けてしまいそうですが、

もちろん、お祭りに参加した分、今日は残業です。

 

 

2011年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アイテム

  • CIMG0691.JPG

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。