更新料は無効か。

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは。
光明池の司法書士 木村 です。

いよいよ7月15日(金)、
居住用建物賃貸借の更新料が無効か否か
と長らく争われてきた事件について、
最高裁の判決が出る予定です。
もし仮に、最高裁が、
「更新料は消費者契約法第10条に違反し無効」
との判決を出せば、

借主は今後、更新料の支払をしなくてもよくなるばかりか、
消費者契約法が施行された平成13年4月1日まで遡って
支払済みの更新料の返還を貸主に
請求できる事になります。

もちろん、いずれも全てのケースに適用できるとは
一概には言えませんが、
居住用建物の賃貸借は、日本でも広く行われている事から、
7月15日の判決内容によっては、
非常に大きな影響があるものと予想されます。

 


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://senboku-shihousyoshi.com/mt/mt-tb.cgi/60

コメントする

2011年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アイテム

  • DSCF1505.jpg
  • DSCF1508.jpg
  • CIMG1568.JPG
  • CIMG1686.JPG
  • 110619_170816.jpg
  • CIMG1038.JPG
  • CIMG1009.JPG
  • CIMG0980.JPG
  • CIMG0896.JPG
  • CIMG0958.JPG

このブログ記事について

このページは、木村 勝徳が2011年7月11日 19:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「補助開始審判の申し立て。ツバメを見守る。」です。

次のブログ記事は「更新料は原則有効との最高裁判決。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。