開く自動ドア。

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さん、こんにちは。
光明池の司法書士 木村 です。

さて、お盆も終わり、夏休みもあとわずか。
そろそろ、世間の子供達は溜め込んだ宿題に
取り掛かる頃でしょうか。

前回、ブログに掲載しました自動ドアが開く理由。

なぜ人もいないのに勝手に開くのか?

このままではせっかく涼しくなった室内に
暖かい風が吹き込み続けてしまいます。

これはたまらん!と自動ドアの周辺を見回します。



すると・・・・、ドアの上部に付けられた感知センサーに
クモの巣が張られているではありませんか。

これだ!この巣が風に揺れて開いたに違いない!
と威勢よくクモの巣を掃除する私。

そして、それから3時間ほど経ちましたが、
自動ドアが勝手に開く事はありません。

よし!やった!と満足気に仕事を始めます。

そしてさらに2時間後、ふいに自動ドアの開く音が。

立ち上がり、入り口を見てみましたが誰もいません。

それからは思い出したかのように、
勝手に開閉を続ける自動ドアを眺めながら、
電気会社に連絡する私でした。



 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://senboku-shihousyoshi.com/mt/mt-tb.cgi/67

コメントする

2011年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アイテム

  • DSCF1505.jpg
  • DSCF1508.jpg
  • CIMG1568.JPG
  • CIMG1686.JPG
  • 110619_170816.jpg
  • CIMG1038.JPG
  • CIMG1009.JPG
  • CIMG0980.JPG
  • CIMG0896.JPG
  • CIMG0958.JPG

このブログ記事について

このページは、木村 勝徳が2011年8月18日 14:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自動ドアが開き続ける日。」です。

次のブログ記事は「福祉関係者の方々によるケース会議。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。